カテゴリー
NEWS

[展覧会関連]サエボーグ パフォーマンス/小学生ワークショップ

展覧会「『新しい成長』の提起 ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト」会期中の関連イベント群を新たにご案内いたします。今回は、参加アーティストのサエボーグによる公開パフォーマンス、そして小学生を対象にした東京藝術大学主催のワークショップ群です。

カテゴリー
NEWS

[展覧会関連]イベント情報:クロストーク/クロージングトーク配信

オープン以来、多くの反響をいただいておりますポストコロナ・アーツ基金の展覧会「『新しい成長』の提起 ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト」。会期中の関連イベントを新たに2件ご案内いたします。いずれも視聴無料のオンラインライブ配信、ぜひご高覧いただけたら幸いです。

カテゴリー
NEWS

[展覧会関連]PCAF展がオープンしました

2021年11月13日、ポストコロナ・アーツ基金の展覧会「『新しい成長』の提起 ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト」が始まりました。東京・上野の東京藝術大学大学美術館および近隣の展示会場に、16組のアーティストによるプロジェクトが集います。

カテゴリー
未分類

[展覧会報告]PCAF展がオープンしました

2021年11月13日、ポストコロナ・アーツ基金の展覧会「『新しい成長』の定期 ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト」が始まりました。会場となる東京・上野の東京藝術大学大学美術館および近隣展示場所に、16組のアーティストたちの作品が集いました。

また、初日の夕方には参加作家および実行委員会から数名ずつが登壇しての、オープニングトーク も開催されました。その様子はこちらでご覧いただけます。

オープニングトーク『「新しい成長」の提起 ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト』

[登壇者]
参加作家から:竹内公太/西村雄輔/毛利悠子
実行委員から:大林剛郎(株式会社大林組 代表取締役会長)/
河邊徹也(株式会社羽田未来総合研究所 専務取締役執行役員)/服部今日子(PHILLIPS Auctioneers 日本代表)/御立尚資(公益財団法人大原美術館 理事)

※途中から、飛び入り参加的にChim↑ponのエリイさんにもご登場をお願いしました。

コロナ禍以降の社会変化を起点としたプロジェクトから、一見するとこのテーマとどうつながるの?と思わせるプロジェクトまで、アーティストたちの応答はさまざまです。ぜひ、かれらの多様な表現を会場で体験していただき、これからの私たちの生活や社会やについて考え、話し合う契機にもなれば幸いです。

なお、本展は東京芸大美術館の展示室で行われていますが、別の場所に2つの作品があります。ひとつは大和田俊さんのサウンドインスタレーション。これは美術館エントランスにあります。2つのスピーカーから響く音の正体については、3F展示室入り口にあるハンドアウトもぜひご参照ください。各作家による、プロジェクトについてのテキストを紹介しています。

もうひとつの作品が、美術館すぐ側、大学構内のグラウンドにある西村雄輔さんの屋外展示作品。周囲の木々が秋の装いを見せるなかに出現しています。ぜひお見逃しなく。

会期は11月28日(日)まで。最終日夕方からはクロージングトークのライブ配信も予定しています。配信URLなど詳細も確定次第このサイトでご案内いたします。

改めて、PCAFにご支援・ご協力いただいている皆さまに、関係者一同より御礼申し上げます。そしてこの展覧会を起点に、来場者の皆さまの体験や考察によって、PCAFの活動がより広がりを得ることを願っております。

カテゴリー
NEWS

[お知らせ]実行委員会より|新会期での展覧会と今後にむけて

このたび、11月の新会期によるPCAF展開催をお知らせできることを大変嬉しく思います。昨年、世界は、新型コロナウィルス感染症という厳しい試練に直面しました。コロナ禍が、我々の直面する社会的な課題を、顕在化させ、加速化させ、深化させて我々に解決を迫ってきております。PCAFは、このコロナ禍においても文化芸術の営みを消してはならないとの思いから始まり、そこから、コロナ禍以降の新しい生き方やより良き社会のあり方についてアーティストと共に探る試みへと発展しました。

去る6月に開催予定だったPCAF展覧会は、各参加アーティストがこの課題に向き合うことで生まれた表現や活動を社会に届け、私たちが共に考える最初の機会となるはずでした。しかし、まさに新型コロナそのものの影響で延期を余儀なくされる試練に直面しました。アートの目的は、心の救済であり、また現代社会が抱える諸問題に対して警鐘を鳴らす、炭鉱のカナリアでもあります。ただし、このカナリアは自らを犠牲にするのではなく、その創造力によって私たちに訴えてくれるのだと考えます。延期を決め、関係者や来場者の皆様にとってより安全な開催を目指した背景には、そうした思いもありました。

延期決定からの数か月間も、国内外で本当に様々な出来事がありました。新型コロナをめぐる状況もいまだ予断を許しませんが、コロナ禍以降の社会を皆で考えていくことの大切さは一層増していると感じます。この試練の中でも志と情熱を失うことなく活動を続ける参加アーティストの皆様に心から敬意を表します。また、残念ながら延期後に諸事情で参加を取りやめることになったアーティストもおられますが、最後まで可能性を検討してくださったことに心より感謝申し上げます。

展覧会では、私たちがこれからの社会を考えるうえで示唆に富む刺激をくれる創造性あふれる表現の数々に出会えることを、実行委員会一同、心より期待しています。ぜひ皆様も、引き続きPCAFの活動にご注目いただき、更なるご支援を頂ければ幸いに存じます。

川村喜久
2021年10月 PCAF実行委員会事務局長

 

  • PCAFは民間有志によるPCAF実行委員会と、東京藝術大学との共同事業です。
  • 新会期は2021年11月13日(土)~28日(日)、会場は東京藝術大学大学美術館 本館(上野)となります。詳細は本サイトの「EXHIBITION|展覧会」もご覧ください。
  • 展覧会日程変更に伴う再調整の中で、当初このプロジェクトに参加予定であった雨宮庸介氏は諸事情から不参加となりました。大変残念ではありますが、最後まで可能性を検討してくださった雨宮氏に深謝致します。また事前のワークショップなど氏の関連活動にご参加いただいた皆様にも御礼申し上げます。
     

■ポストコロナ・アーツ基金 運営体制

PCAF実行委員会
発起人/役員(五十音順):井上智治(一般財団法人カルチャー・ヴィジョン・ジャパン代表理事)、大林剛郎(株式会社大林組 代表取締役会長)、須藤 潮(吉野石膏株式会社 代表取締役副社長、公益財団法人吉野石膏美術振興財団 評議員)、遠山正道(株式会社The Chain Museum 代表取締役社長)、御立尚資(公益財団法人大原美術館 理事)、山本誠一郎(Y-Labs 株式会社 代表取締役)、川村喜久(事務局長)(一般財団法人川村文化芸術振興財団 理事長)

発起人(五十音順):浅生亜也(株式会社サヴィーコレクティブ 代表取締役)、安東泰志(ニューホライズンキャピタル株式会社 代表取締役会長)、大西 洋(株式会社羽田未来総合研究所 代表取締役社長)、木越 純(バンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ東京支店 副会長)、倉田陽一郎(Shinwa Wise Holdings株式会社 代表取締役社長)、小柳敦子(公益財団法人小田原文化財団 代表理事)、寺田航平(寺田倉庫株式会社 代表取締役社長)、服部今日子(PHILLIPS Auctioneers 日本代表)、藤波克之(FSX株式会社 代表取締役)、松葉邦彦(株式会社TYRANT 代表取締役 / 一級建築士)、水口 翼(サイブリッジグループ株式会社 代表取締役会長兼CEO)、森 佳子(森美術館 理事長)、山中 武(株式会社マルニ木工 代表取締役社長)

監査:桶田大介(弁護士)

ほか、PCAF実行委員 一般会員の皆様

東京藝術大学
澤 和樹(東京藝術大学 学長)、日比野克彦(東京藝術大学 美術学部長)

選考委員
椹木野衣(美術評論家、多摩美術大学教授)、藪前知子(東京都現代美術館学芸員)、鷲田めるろ(十和田市現代美術館館⻑)
 

■PCAF実行委員 一般会員募集
PCAFでは、その活動趣旨にご賛同頂ける方々に寄付等の形でご協力いただく「PCAF実行委員 一般会員」も常時募集しております。詳細は本サイトの「DONATION|寄付のご案内」をご参照ください。

カテゴリー
NEWS

[展覧会・新会期のお知らせ] 「新しい成長」の提起 ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト

PCAFの展覧会「『新しい成長』の提起——ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト」について、去る2021年5月の延期を経て、このたび新たな会期が決定しましたのでご報告・ご案内いたします。

新会期:2021年11月13日(土)~28日(日)
会場:東京藝術大学大学美術館 本館(上野)

同展は当初、2021年6月8日から27日にかけて開催予定でしたが、同年5月末の緊急事態宣言延長を受けて延期しました。その後の調整を経て、下記の通り新たな会期での開催が決定しました。展覧会詳細はこちらもご覧ください。

新会期のための諸調整にご協力いただきました、参加アーティスト陣ならびに関係各位、またご支援者の皆様に心より御礼申し上げます。今後も開催に向けた動きを適宜ご案内できればと考えておりますので、ぜひご注目いただければ幸いです。この過程を本プロジェクトの深化につなげ、新たな日程での開催を実現すべく関係者一同で前へ進んで行きたいと考えております。引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2021年8月18日
ポストコロナ・アーツ基金事務局
東京藝術大学

カテゴリー
NEWS

[展覧会延期のお知らせ] 「新しい成長」の提起 ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト

このたびの緊急事態宣言延長を受け、2021年6月8日(火)から6月27日(日)まで東京藝術大学大学美術館にて開催を予定していた展覧会「『新しい成長』の提起——ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト」について、誠に遺憾ながら開催延期の決定をお知らせいたします。開催に向け準備を進めてきた参加アーティスト陣ならびに関係各位、またご支援者や本展にご期待いただいている皆様のことを思うと、苦渋の決断となりましたが、何卒ご理解いただければ幸いです。

現在、新たな開催日程について各所と調整しておりますので、日程が決まり次第、改めてご案内させていただきます。コロナ禍以降の社会について考えるこのプロジェクトが、他ならぬコロナの影響でこのような試練に直面したことは残念でなりませんが、この過程を本プロジェクトの深化につなげ、新たな日程での開催を実現すべく関係者一同で前へ進んで行きたいと考えております。引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2021年5月29日
ポストコロナ・アーツ基金事務局
東京藝術大学

カテゴリー
NEWS

[展覧会開催決定] 「新しい成長」の提起 ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト

※2021年5月29日追記:緊急事態宣言の延長を受けて、本展覧会は延期となります。誠に遺憾ながら、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。こちらもご覧くださると幸いです。

このたび、多くの方々のご協力により、PCAF参加アーティスト17組による展覧会「『新しい成長』の提起 ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト」の開催が正式決定しました。詳細は下記ページをご覧ください。今後の最新情報も同ページにて更新していく予定です。コロナ禍以降の社会をアーティストたちと共に探るこの試みに、ぜひご期待ください。

EXHIBITION|展覧会

カテゴリー
NEWS

[クラファン終了直前オンライントーク] 「これからの社会をアーティストと探る ポストコロナ・アーツ基金」

PCAFはその活動充実のために挑戦中のクラウドファンディングが、まもなく4月末で終了します。そこでこれまでご支援頂いた皆様に向けて、また改めてさらに広くご支援を呼びかけるため、オンライントーク&最新状況報告を行います。PCAF発起人らの登壇に加え、アーティストや選考委員らを迎え、PCAFが目指すものと最新状況を発信します。ぜひご覧いただけたら幸いです。

クラファン終了直前! オンライントーク
これからの社会をアーティストと探る ポストコロナ・アーツ基金

開催概要

日時2021年4月23日(金) 19:00〜21:00
視聴URL(生配信)https://youtu.be/BbhQzgrP3eE
お申込み不要・無料

登壇予定者(敬称略)とタイムテーブル

進行日比野克彦(東京藝術大学 美術学部長)

第1部(19:00〜)

PCAF実行委員会から浅生亜也(発起人[株式会社サヴィーコレクティブ 代表取締役])
岡崎奈美子(一般会員[Shinwa Wise Holdings株式会社取締役]
東京藝術大学から澤和樹(東京藝術大学 学長) ※メッセージ動画
参加アーティストから雨宮庸介
遠藤麻衣

第2部(20:00〜)

PCAF実行委員会から大林剛郎(発起人/役員[株式会社大林組 代表取締役会長])
服部今日子(発起人[PHILLIPS Auctioneers 日本代表])
参加アーティストから小泉明郎
選考委員から鷲田めるろ(十和田市現代美術館館長)
*登壇者は都合により予告なく変更になる場合があります。ご了承ください。

カテゴリー
NEWS

[参加者募集のおしらせ]雨宮庸介によるワークショップ

*(2021/10/8追記)展覧会日程変更に伴う再調整の中で、当初このプロジェクトに参加予定であった雨宮庸介氏は諸事情から不参加となりました。大変残念ではありますが、最後まで可能性を検討してくださった雨宮氏に深謝致します。またこのページで募集した事前ワークショップなど、氏の関連活動にご参加いただいた皆様にも御礼申し上げます。

*(2021/4/10追記)おかげさまで定員を超えるお申し込みがあり、当該ワークショップへの参加募集は締め切らせていただきました。この後、ご応募頂いた方々へ急ぎご連絡致します。

アーティストの雨宮庸介がポストコロナ・アーツ基金における自らのアーツプロジェクトの一環として、一般参加のパフォーマンスのワークショップを2021年4月に開催します。以下に概要をご案内しますので、ご興味ある方はぜひご参加ください。

雨宮庸介のアーツプロジェクト案(タイトル未定)

コロナをめぐる状況は「身体を顕著に伴ったマクロとミクロの(ダイナミズムの)話」だと考える雨宮は、一般公募による参加者とのワークショップを起点にした「あらためて現在をじっと眼差すことを促す作品」と、「個人的体験を超えた時空から現在を俯瞰するプロジェクト」で参加予定。これらを通じて「新しい成長(なにを成長とするのか)」という問いといかに向き合うべきか、長期的かつ具体的に考える基礎づくりとなるようなプロジェクトを目指します。

今回のワークショップ概要

「自身の身体の表現素材としての可能性と、それを展覧会場にインストールする技術について考える」というものです。ダンスや演劇のワークショップではないので運動神経や演技力は必要ありません。むしろ、そういう経験がなく、違う手段で表現をしている、もしくは今からしたいと思っている、もしくはただそういう分野に関心がある、という方も含めて大歓迎です。実際におこなう内容としては「考えていることを人に話すこと」「立っていること」「携帯を見ること」など日常的な身振りが表現になる可能性について、簡単なワークショップや対話を通じて考える、というものです。

※雨宮は来たる6月開催予定のPCAF展覧会(会場:東京藝術大学大学美術館)にて、このワークショップの延長線上にあるパフォーマンス作品の出展を検討しています。同展に向けては出演者や運営に関わって頂ける方(いずれも報酬あり)を募集しますので、ご興味のある方は、まずは今回のワークショップにぜひご参加ください。

アーティストからのメッセージ

雨宮庸介によるコンセプトドローイング

自己顕示欲はあるけれど人前は苦手、みたいな人がいたら、ぜひ参加してくれるとうれしいです。僕自身も絵画科出身で、人前で何か説明を求められたら顔を真っ赤にしていたような人間です。

ただ、あるときから、立ったり座ったり急に離れたり近づいたりして絵の具を布に接触させるパフォーマンスをする人を異なる呼び方として画家とよび、その副産物が絵画であるとも言えるな、とも考えるようになりました。

さらに自分にこうも問いかけたりします「長い間かけて用意した彫刻や絵画(やビジネスやプロジェクトでもいいかもしれません)が、明日展覧会開催というときに事故で消失しまったとする。それでもアーティストとして、待ってくれているお客さんになにかしらのアートの体験を届けなければならない。そうした時に唯一残された自分の思考と自分の身体だけでなにかをするか、それともしないのか」と。

もしご興味あればご参加ください。

ワークショップ開催日程ほか

日時:2021年4月12日(月)・13日(火) 両日とも16時20分~17時50分
場所:東京藝術大学 上野キャンバス構内
定員:各回定員10名
対象:大学の学部生、大学院生、もしくは20代前後の方を主な対象と考えています。
参加費:無料
必要なもの:特になし。スカートよりズボン、など動きやすい服装がよいかもしれません。

※両日でのご参加が望ましいですが、1日のみでも可能です。
※集合場所など会場詳細はご参加決定者に別途お知らせします。
※当日は、新型コロナ感染予防対策を十分に行ったうえでワークショップを実施します。

応募方法

以下項目を明記のうえ下記メールアドレス宛お申し込みください。
追って事務局よりご連絡差し上げます。

①お名前
②年齢・ご職業(学生の方の場合は専攻など)
③ご参加可能日(4月12日 / 4月13日 / 両日とも参加)
④ご連絡先お電話番号(可能であれば。急なご連絡用にご記載ください)
⑤参加ご希望理由(ご回答内容で選考を行うわけではありません。無回答でも結構ですが、もしよろしければご記述ください)
⑥ご質問など(あれば)

ご応募・お問い合わせ先メールアドレス(PCAF事務局):contact[at]pcaf.art ※[at]を@に変えてお送りください。

締切り:2021年4月11日(日)正午まで、または定員に達し次第

※ご提出いただいた個人情報は、本ワークショップの応募者管理以外の目的には一切の利用を行いません。

アーティスト略歴

Photo by Kiichi Kawamura

1975年茨城県生まれ。ベルリン/東京在住。Sandberg Institute(アムステルダム)Fine Art Course 修士課程修了。ドローイング、彫刻、パフォーマンスなど多岐にわたるメディウムによって作品を制作。リンゴや石や人間などのありふれたモチーフを扱いながら、その超絶技巧や話法により、いつのまにかに違う位相の現実に身を置かれてしまう――体験の提供により「現代」と「美術」について再考をうながす作品を制作している。
Website: amemiyan.com